トップに
戻る

Fuku Spo – アビスパ福岡/石津 大介

石津大介(Ishizu Daisuke) フォワード・背番号16

@avispa fukuoka

 

 

 

 

今季はアグレッシブ 開幕戦はそのスタイルで勝利

今季のアビスパは監督も言っているように、攻守ともにアグレッシブなサッカーを目指しています。具体的には前線からアグレッシブにボールを奪いに行ってゴールを狙っています。そうしたサッカーを開幕戦のギラヴァンツ北九州戦ではある程度出せたと思いますし、それが1-0という勝利につながりました。さらに質を高めたいと思います。もちろん、90分間通して高い位置からプレスして守備をすることが理想ですが、それはほぼ不可能に近いので、体力的なことや相手の技術、試合の流れを見ながら、前線からプレスをかけ続けるのではなく、一度リトリートして守備のブロックを作り、そこから守備を始めることも意識しています。北九州戦ではそれが実際に出来たと思います。スコアは1-0でしたが、そうしたことがうまくいって、19本というシュート数につながりましたし、枠内シュートも多くありました。2点、3点と奪えていればもっと楽な試合運びが出来たと思います。

 

 

 

トレーナーと二人三脚で 前向きなリハビリだった

昨年7月に負ったケガは全治8ヶ月という診断でした。だから、今季の開幕戦に間に合わせるために6〜7ヶ月で復帰する計画を立て、リハビリなどに取り組みました。予定どおりキャンプからしっかりと全体練習に合流できたので開幕戦に先発できたと思います。もし、あのケガが8月だったら開幕戦には間に合わなかったでしょうね。でも、開幕戦に出るという明確な目標があったのでリハビリは前向きに取り組めました。やればやるほど筋肉がついていきますし、それが数字でもわかりましたから。チームの練習時間とはズラしてもら い、永井アスレティックトレーナーにマンツーマンでついてもらったことが大きかったですね。永井さんは見ているだけでなく、僕と一緒に同じトレーニングメニューをやってくれたんですよ。筋トレ中は二人で声を出しながらやっていました(笑)。与えられたメニューを一人で黙々とやっていたらメンタル的に辛かったでしょうね。順調に回復したことも前向きに取り組めた理由です。辛かったのは、ボールを蹴り始めてから。焦っちゃいけないとわかっていましたが、やれるという思いがあったのでもどかしかった。同じケガを経験した選手や監督からも「慌てるな」と言われました。

リハビリ中は「復帰したらパワーアップした僕を見せます」と言っていましたが、どこがパワーアップしたかな?と思います。一番は心ですかね?それと筋力ですね。筋肉がついて服が少し小さく感じるようになりました。ボディコンタクトの局面でこの筋力を生かしたいと思います。でも、サッカーは足と頭のスポーツなので、その質をもっともっと上げたいですね。頭の方はリハビリ中に多くの試合を見たのでイメージはしっかりとできています。そのイメージと自分のプレーをしっかりとつなげるために試合感覚を戻していきます。

 

 

 

ゴールとアシストで合計15以上 そしてJ1昇格が目標

開幕戦のウォーミングアップ時に僕のチャントをサポーターのみなさんが歌ってくれたのは本当に嬉しかったです。ちょっとヤバかったですね。みなさんの期待を強く感じたので、それをしっかりと結果で応えたいと思います。

今季の目標はまずはケガをしないことですね。それにプラスしてシーズンを通してコンスタントに試合に出ること。さらにゴールとアシストを合わせて15以上を目標にしています。この数字はもっと落ち着いてプレーすれば達成できると思います。リーグ戦が中断したので連戦が続くと思いますが、そのためにもしっかりとコンディションを整えて試合に出て、チームの目標であるJ1昇格を達成したいと思います。そのためにみなさんの応援をよろしくお願いします!

 

 

 

●編集部からのおまけ質問

試合前のルーティンや今ハマっていることは?

ルーティンと言えるかわかりませんが、試合の4日前に低酸素トレーニングをします。それで試合当日のコンディションが良くなるので。お風呂に毎日2時間入るのもルーティンですかね?試合前日はめちゃめちゃ早く寝ます。試合時間が14時などの昼だと前日の20時くらいから寝て、翌朝7時半くらいに起きます。長い時は合計12時間くらい寝ています(笑)。もちろん、途中で起きることもありますが、とにかく睡眠をとります。起きた時に、しっかり寝たから大丈夫という気持ちでいたいから。他には入場時に右の列なら右足から、左の列なら左足からピッチに入るようにしているつもりなのですが、そこまで強く意識していないので本当にそうなっているかはわからないです(笑)。

ハマっているのはピストバイクです。筋トレを兼ねて、晴れた日の練習にはそれで通っています。ペダルとチェーンが連動しているのでメチャクチャ速くて気持ちいいです。冬の時期、こぎ始めは寒いんですけど、ちょっと経ったら清々しい気持ちになれます。15分程度の距離なのでウォーミングアップ的にもちょうどいいです。これからの季節は暖かくなるのでもっと気持ち良くなると思います。みなさんにも自転車をお勧めしますよ!

 

@avispa fukuoka

 

※シティ情報Fukuoka 2020年4月号本誌掲載