トップに
戻る

小さなローカルブックストアは福岡の街カルチャーの発信源。

2001年4月22日。けやき通りに、一軒の小さな本屋が開店した。
その名も『ブックスキューブリック』
福岡出身の店主・大井実さんは本屋業界未経験。当初「長くは続かないね」と噂された店は続かないどころか、今やその名は全国区に。

名だたる人気ショップから選書の依頼が来るは、福岡の本のお祭り「ブックオカ」を開催するは、2店舗目を箱崎に出店したかと思えば、いち早くブックカフェをつくってトークショーを行なったり、さらに2015年はご近所の人気ベーカリー『パンストック』のレシピ開発協力のもとスタートした本屋のぱん屋『BKベーカリー』を始めるなど大活躍。

カフェ、ベーカリー、ギャラリー・スペースも併設した箱崎店
地元の加工品や、パン関連物の販売、また書籍や作家に関連する雑貨や小物を取り揃えるスタイルも福岡の中では先駆け的存在だ

これまでの16年の間に街に発信したカルチャーは数限りなく、福岡を代表する名所のひとつと言われるまでになった。「いまは小商いなんて表現されていますが、私が若い時の福岡の街や、しばらく暮らしていたイタリアの街には、必ず家の近所にたくさんの個人商店があって、そこが街の文化を形づくっていました。私の本屋もその街の光みたいなもの。ひとつの明かりは小さくても、その明かりが広がって繋がっていけば、素敵な街になると思うんですよ」と大井さん。

本誌でもおなじみの人気書店『MINOU BOOKS』(うきは市)や、『taramu books&cafe』(大牟田市)もその明かりから生まれた新たなローカルブックストアだ。福岡の街探索をする時、まずは地元誌やミニコミ、ショップのフライヤーや小冊子など、街と店と人の想いがこもった情報が集まっている「ローカルブックストア」という、街のカルチャー発信源の扉を開けることからはじめてみてほしい。そこには新しい街の魅力が待っているから。

《シティ情報Fukuoka 5月号掲載店舗》

ブックスキューブリック 箱崎店

住所 福岡市東区箱崎1-5-14
電話 092-645-0630
営業時間 11:00〜18:00
定休日/月曜 P/あり 席数/20席
カード/可 喫煙/不可