トップに
戻る

【福岡めん旅】福岡人なら絶対に食べておくべき!「ふくちゃんラーメン田隈本店」(早良区田隈)

追記

ちなみに、給料日後の懐が温かい時はゴージャスに!チャーシューメン!丁寧な味作りがビンビンに感じられる見事な仕事が施されたチャーシューをじっくりと味わうのである!

博多純情とんこつラーメンは唯一無二の味!
タクシーに乗ってでも食べに行くべきなのだ。

40年以上の歴史がある、早良区田隈の本店『ふくちゃんラーメン』。
昭和、平成、令和と、時代やラーメンの価値観は変わっても、
初志貫徹、まったく揺るがない味を提供してくれる名店中の名店だ。

はじめて訪れたときは誰もが、
器の際からこぼれ落ちそうなくらい
なみなみと注がれた熱々のスープに
まずは必ず面食らうはずだ。これでラーメン600円とは…感謝しかない。

正統派でありながら革新的!
そんなとんこつスープは、
口当たりの風味と食感、のど越し、後味、
どこをとっても「ふくちゃん」でしか味わえない唯一無二の存在。
福岡が誇る大衆グルメの宝物のひとつだ。

その味わいを例えるならば
「博多純情とんこつ」と呼ぶべきだろうか。

「まずはスープから」とアドバイスをもらわずとも、
暖簾をくぐった次の瞬間から、客の誰もが無心で
ひと口目のスープの味わいを心待ちにしている。

そんなスープがしっかりとまとわりつき
食べ応えがあるボリュームの麺は
博多ラーメンの王道らしい中細麺。

まずふた口は、そのままスープをじっくりと。
三口目から五口目までは、麺を多めに束ねて
ズルズルと一気に啜れば油の膜から解放された
高純度のとんこつの甘い香りが
口から鼻へ、そして脳天へと充満する。
その後は好みにもよるが、どうせなら
生ニンニクを潰し入れてみてほしい。
「味変」という軽い言葉では語りえない、
これまで見せていた温和な表情から、突如として
パワフルな別の顔が目の前に現れるから不思議だ。

学生時代から変わらないけど、
訪れる度に新鮮な感動がある一杯。

現代の世の中の価値観というものさしにはない
時代を超えて受け継ぐべき
大衆の商いがまちが支える福岡の真心!
大げさかもしれないが
そういうものをたった数百円で
いつもいただいている気がする。

名だたるラーメン屋の店主が
自分のお気に入りの店にあげる理由は
そんなところにあるのかもしれない。

福岡ビギナーはもちろん観光客の皆みなさん
駐車場もあるし、地下鉄からも徒歩圏内だし、
何人かでタクシー代払ってでも
食べておくべき福岡ラーメンですよ。

そんな『ふくちゃんラーメン』本店を
月刊誌シティ情報ふくおか最新号(2020年3月号)の
福岡ラーメン連載『のぼせもん』にて
フードジャーナリストの山路さんが
取材をしているのでそちらもチェックを!

なんと月刊誌で数年前に取材させていただいた誌面を
店の前の掲示板に貼っていただいているのを発見!!
涙出るくらいうれしいっす!大将、ありがとうございますmm

ふくちゃんラーメン 田隈本店

住所:福岡市早良区田隈2-24-2
電話:092-863-5355
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜
席数:21席
駐車場:あり
http://www.fukuchan-ramen.com/