トップに
戻る

2月1日オープン!!ホテル『The OneFive Villa Fukuoka』

春吉のデザイナーズホテル、『イル パラッツォ』の系列ホテルが
2020年2月1日(土)春吉にオープンします。
那珂川に面した、『ホテル イル パラッツォ』斜め前で、
1階は人気ダイニング・バー『MITSUBACHI』のところです。
オープン前にひと足早く試泊してきました!

天神・中洲・キャナルが徒歩圏内で、観光客に人気が高まりそう。
全室デラックスキングという幅1m80cmのダブルベッド仕様。
全室禁煙、wife無料、USBポートも完備です。
気になるアメニティは、
カナダ発のナチュラルボディケアシリーズ〈ファーマコピア〉。
化学物質不使用で、ナチュラル成分を使用した
シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー、ボディクリーム、そしてソープが設置されています。
柑橘系のさわやかな香りなので男女ともに爽快な気分でバスタイムを楽しめます。

ちなみに、1階レセプションのそばに、部屋には設置していない紅茶やインスタントコーヒー、化粧水や保湿クリーム、バスソルトなどのアメニティも置いてあるので、チェックインのついでに好きなものをチョイスしてね。

今日のお部屋は『デラックスキング、リバーサイドテラス』というテラス付きのタイプです。
ソファもあってくつろげますねー。


ベッドマットレスの厚み! ベッドは高い位置にあって、外国のホテルみたい。

トイレバスは分かれていて、バスルームは日本式で、洗い場があるタイプ。
バスタブも広くてゆったり。お湯をためる音もそんなにうるさくないので、
同室の人が眠っていても起こす心配もなさそうです。
お風呂用の椅子と洗面器も黒で統一されてカッコイイ。
新しくて清潔で気持ちいい!

お風呂上がりはルームウエアとスリッパで大きなベッドに寝転がってゆっくり。
そのまま静かに眠りに落ちて、夢の中…。
ここは川沿いで大きな道路にも面していないので、
便利な場所のわりには、とっても静かなのが特徴です。

このホテルに「Villa(=別邸)」とついているのは、別荘気分でリラックスして欲しいという思いから。
この『The OneFive Villa Fukuoka』で過ごす優雅な時間を“Villax Time”と名付け、
その優雅な時間を演出するために、ホテルから特別なサービスが用意されています。
チェックイン後に、希望の時間にまるでアフタヌーンティセットのようなスウィーツとセイボリーを
すべてのゲストにサービス!これはすごい特典ですね♪


というのも、このホテルの支配人に就任したのが、イル・パラッツォでチーフパティシエを務めていた山本大輔さん。

楽天トラベル主催の「朝ごはんフェスティバル 2017」で、1900のエントリーから日本一に選ばれた『モンブラン仕立ての明太子ポテサラ』のレシピ考案者なのです!
ちなみにこの制服はドラマ「グランメゾン東京」で尾上菊之助さんが演じた丹後学が料理長を務めた「gaku」と同じものだとか!


朝食は『ホテル イル パラッツォ』2階のアンコムストに移動。
和洋食ビュッフェで、フルーツやスウィーツも充実。
オムレツはフォアグラ、キャビア、トリュフから選び、出来立てをもってきてくれます。
朝から贅沢ですね。

パンは豆乳パンやクロワッサン、小ぶりの食パン、バゲットなど種類豊富なので、
今日はパン食でいこうかな!と思っていましたが、
山芋やオクラ、納豆などを混ぜて出汁で味付けしたネバネバ丼用の具材に惹かれ、
ネバネバ丼と味噌汁に。
サラダのドレッシングも自家製の野菜ドレッシングや胡麻ドレッシングなど3種から選べます。

美味しいコーヒーもあって、ホテルの朝食って、美味しくて、つい食べ過ぎちゃいます。

春吉の『The OneFive Villa』は2月1日にオープンですが、2020年内に福岡にあと2軒、さらに東京にも開業予定だとか。福岡に観光や仕事、ライヴで訪れる人に教えたいし、たまには贅沢に別荘気分で優雅な気分を味わうのもいいかも♪

The OneFive Villa Fukuoka(ザ・ワンファイブビラふくおか)
福岡市中央区春吉3-13-1
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:11:00
https://www.hakatahotels.co.jp/theonefivevillafukuoka/