トップに
戻る

【地元の人に愛されるお店】 博多の鶏文化を中洲から!中洲『とりまぶし』

店の看板メニューは、店名にも冠された『とりまぶし』。

 

 

この聞き慣れないオリジナル料理は、

10数年にわたる鶏料理修業を経た店主が「ひつまぶし」をヒントに考案した。

鶏の旨さを最大限に引き出す方法を追求した末に

たどり着いたのが、『とりまぶし御膳』だという。

 

佐賀県伊万里産の金芽米を釜で炊いたご飯の上には、

福岡のブランド鶏「華味鶏」の皮とモモ肉。

 

 

『とりまぶし』を4等分にして飯碗によそったら、スタート!

 

 

1杯目:そのままで

皮のパリパリ感と肉のプリプリ感が糸島産のコク深い醤油を

ベースとした甘辛タレとアツアツのご飯によく合う。

 

2杯目:7種類の薬味で

テーブルに並ぶ山椒や柚子胡椒をかけて味に変化を!

 

3杯目:温泉卵をのせて

全体がまろやかな味わいとなる。

 

4杯目:鶏スープをかけて

水素水で7〜8時間かけて作り上げたコラーゲンたっぷりの鶏スープ。

濃厚な旨味をワサビやネギの薬味とともに堪能してほしい!

 

 

ほかにも、『博多水炊き』、『焼手羽』、『ズリぽん酢』など

鶏のさまざまな部位を使ったメニューも多彩。

 

 

コースメニュー、セットメニュー、1人で注文できる御膳もあり、

どんなシーンでも利用できるようになっている。

そこには、“博多の鶏文化を広く伝えたい”という想いが込められている。


*この記事は『美味本マガジン2020』より抜粋して掲載しています。

https://www.fukuoka-navi.jp/31475

 

 

『とりまぶし』

住所:福岡市博多区中洲5-3-18 Tm-16ビル1階
電話:092-260-7273
営業時間:11:00~23:00(OS22:30)
定休日:なし
https://torimabushi.com/

 

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集