トップに
戻る

【humming joeに聞く】北欧の名作・良品にまつわる 知られざる「モノ」がたり vol.01

背景を知ることで、そのモノがより魅力的に見えてくる。
隠れた秘話や買い付けで得た北欧事情などを交えながら、
「ハミングジョー」の店主やスタッフが良品の魅力を教えてくれるシリーズです。

初回は北欧好きや愛好家の方であればご存知かもしれませんが、北欧の人たちの暮らしへの感度、とにかく高いんです。晴れた日は真冬でもカフェや自宅のテラスに出て、日光を浴びて屋外での時間を楽しむことに貪欲です。一年の大半は曇りなので、家の中で過ごす時間が多くなることから居心地良く過ごすためにインテリアにこだわりを持ち、それがひいては文化の一端になっていると言えるかもしれません。今回は、北欧の家庭によく見られる、マストアイテム4品の紹介です。

カイ・クリスチャンセン「No.42」

背面が自分好みの角度に合わせられるようになっています。肘を置ける上に、立った時や椅子をしまう時にじゃませずスッキリと収納できる優れもの。背面と座面の生地を変えて、ツートーンで楽しむのもいいですね。

モーエンセンのブックケース

ウェグナーと同じ学校に通っていたモーエンセンは、機能的で主張しないけれど、削ぎ落とされたデザインが味。上下2段に分かれた構造で、造り付けみたいにスッキリ収まるので新築にもなじみやすく、キッチンやリビングで飾り棚や食器棚として活躍してくれます。

ネストテーブル

サイズの異なる3つのテーブルは入れ子式。 スライドさせて取り出せば、単体で使用できて便利。サイドテーブルとして、飾り台として、または連動させてコーヒーテーブルに使ったり。収納もひとまとめできて、コンパクト。小さな家具にこだわりが感じられると、部屋の印象がグッとアップします。

●キャンドルホルダー

日本だと主に冬の季節に使われることが多いキャンドルですが、北欧ではコーナーを作ってトレーの上に複数置いたりして、年中、家中で灯りを楽しみます。これから夏の夕暮れ時なども、揺らぎがきれいですよ。ティーキャンドルなので安心して使えます。

教えてくれた方
マネージャー/里中省吾さん

勤務歴8年。合わせやすいチークや個性的なローズウッドなどのヴィンテージ家具を組み合わせ、落ち着きがありスマートな雰囲気を演出するのが得意。ガラスウエアやテキスタイルを用いたさりげない小物づかいから部屋全体のコーディネートまで、ベーシック+αのセレクトに定評があり、コーディネートの相談に訪れる顧客も多い。


福岡・佐賀・熊本の注文住宅実例集。リフォーム&リノベやインテリア情報も盛り沢山!

住まいづくりの情報サイト『家づくりNet ふくおか』はコチラからどうぞ!

humming joe ハミングジョー

福岡県糸島市二条浜窪179-1

TEL:092-325-3690

営業:11:00~18:00

休:水曜(祝日の場合は翌日)

https://www.hummingjoe.com/