トップに
戻る

【連載コラム】テトラの果てまでいってFISH!!~秋イカどこにイるカ~

いきなりですが、、、釣りです。

ある日というか金曜日の夜、、、

「イカ喰いたい」と家族から言われまして、、、

「買えばいいじゃん」といいましたが、、、

「釣りたてのイカが食べたい」と、、、

どうやら、たまに釣れるイカのお刺身が相当お気に入りのようで、釣り好きの私としてはこれ幸いに「じゃあいこうか!」となるわけですが、あいにく福岡市は風強し、、、

じゃあ、どうするかと言いますと、、、

風のないところに行けばいい!

調べてみると今週は長崎市が一番よさげ!

 

イカと言えば九州には数多の名産がありますが、長崎もその一つ。

というわけで、早速いざ長崎市へ!

 

朝3時に起きて目を瞬かせながら、向かった先は長崎県は長崎市

高速道路を降りてみる景色は

坂!長崎と言えば坂の町。スゴイ斜面に住宅が隣接していてポテンシャルの高さに唖然としてしまいました。

さてさて、肝心のイカのほうはといいますと、、、

「そんなおらん?」というほどの大苦戦・・・。

こんなけもの道をかき分けたり

果てしない堤防をウロウロしたりしましたが、残念ながらイカ0杯、、0(;’∀’)

全くアタリもない釣りをしていると気分もよくないという事で、いざというときのサビキセットを用意

お気に入りの「アミ姫」、サビキ釣りというと手が汚れる、アミの臭いで敬遠されてしまいますが、この「アミ姫」を使うと手も汚れず、とっても簡単。臭いの問題も、グレープのフルーティな香りで気になりません。解凍等の手間もいらないのでバックの奥にいつも忍ばせています。

数投後・・・。

アジ!アジ!アジ!アジ!4連きましたー!!

本命じゃないけど、釣りは釣れたらうれしいもの。久々のお魚さんの感触に喜びながら、ちょっと時間が空くと、福岡でも連れてたな、、、

その後、ジグ(鉄製のルアー)を投げていると大きな当たりが、、、

「おっこれタモいるかも」

おおおお!キタゾー‼

おっきな外道さん。とりあえず曳きは楽しめました。その後は、丁重に長崎の海にお戻り頂いています。

そんなこんなをしていると時間帯も夕刻に迫ってまいりましたので、更にイカ狙いのエギング、なげてー、しゃくってー、なげてー、しゃくってー、しゃくってー、なげてー、、、

・・・見えなくなったので納竿。

秋イカは、簡単といいますが本当?近所のおいさんにも聞きましたが、最近イカどころかアラカブ(カサゴ)もつれてないとか、、、すみません。こっそりアラカブは2匹釣ってました。エサはサバ。隙間に落とした瞬間ガブって、、、。「そうなんですねぁ~。私たちもさっぱりです。」言えませんて、、、

ということで、今回の釣行はアジとアラカブで終わってしまいました。長距離遠征した結果としては寂しいものとなりましたが、長崎市の風土を存分に味わい、楽しい1日を過ごさせて頂きました。雄大な自然、波止の広さ、なにより海の深さ、、、いつまでも沈んでいくルアーに少し恐怖を覚えました。

秋イカは、次回再挑戦。長崎市でだめなら、平戸かな?

春先に平戸でGET!したコウイカ1.3㎏ こういうのがあるから止められない。

続編をお待ちください。

 

 

ちかっぱ釣り講座