トップに
戻る

【フクオカリノベ No.11】
すてきなリノベのお宅訪問・戸建て|1つ屋根の下に2つの住まい!? 親子の別空間が広がる家『パワーハウス』

すてきなリノベのお宅訪問[戸建て]RENOVA

パワーハウス
宮若市[G邸]

開放的に生まれ変わったLDKは、ナチュラルな木目調の下がり天井がアクセントに。ダイニングキッチンの床にはモルタル調のフロアタイルを敷き、リビングと空間をゆるく分けていることも技ありポイント

 

 

家族構成の変化で生じた
空き部屋を活用したい!

 

「勝手にあちこち物を置いたら娘に怒られるんです(笑)」「私が常に目を光らせてるからね〜」と、微笑ましいやり取りをするのはGさんご夫妻と娘さんの仲良し家族。お父様が25年前に建てた我が家を、外壁や屋根も含めて大々的にリノベーションした。その大きなきっかけとなったのは、家族構成の変化に伴って使わなくなった部屋が増えたこと。

「以前はこの家に両親と私たち兄弟3人、それに祖父と祖母の3世代7人が住んでいました。父が2世帯用に建てた家なので部屋数が多く当時は良かったのですが今は3人しか住んでいないので、2〜3部屋は荷物を置く倉庫状態になっていたんです」と話してくれたのは娘さん。

 

キッチンの前側にはカウンターを設置。昼はカフェ、夜になったらバーカウンターとして使ってみたり、ご家族が帰省された際には臨時のテーブルとして活躍しているという

 

そこで使っていない部屋を有効活用し、合わせてご両親にも使い勝手の良い空間にしようと、今回のフルリノベーションに踏み切ったという。娘さんがインターネットの検索でリフォーム業者をリサーチし、見つけたのが[パワーハウス]だった。施工事例の物件の雰囲気が良かったこと、サイトを通じて会社の雰囲気の良さが伝わったことなどから資料請求をして、さっそく親子で話を聞きに行ったそう。「担当の吉田さんと永尾さんがとても話しやすく、私も両親もすっかりお2人の人柄のトリコになったんです(笑)。それもあって他社の検討はせず、パワーハウス一択でお願いすることにしました」と娘さんが当時を振り返る。

「母体の只松建設のことは知っていましたし、よく福岡本店の前を車で通ることがあったので、大きな会社だから信頼できると思っていたんです」と語るのはお父様。父娘の意見も合致し、安心してリノベーションを進めることになった。

 

以前は薄い茶色だった外壁。フルリノベーションに合わせて濃いめの茶色に塗り替え

 

 

ご両親のこれからを考え
使いやすさにもこだわりを

 

今回のリノベーションで主導権を握ったのは娘さん。「娘の好きなようにしてもらえたらそれで良かったんです」と、ご両親からは特に要望は出さなかったという。とは言うものの、これからお年を召していくご両親のことを考えて、お2人の寝室がある1階は〝動きやすさ〟にこだわったプランニングをしてもらった。

 

1階の和室があった場所には、白を基調としたランドリールームが誕生。洗濯物の室内干しができ、隣接するウォークイン・クローゼットにそのまま収納できる

 

玄関横にある寝室から、ウォークイン・クローゼット、ランドリースペース、洗面所、トイレまでぐるりと回遊できる動線を確保。人の動きを感知して自動で電気が点く、人感センサースイッチを各所に設けたこともポイントだ。「夜、お手洗いに行く時にパッと電気が点くのでとっても便利なんですよ」とお父様も大満足の仕上がりとなった。

お母様の毎日の家事がラクに楽しくなるように、キッチンは位置を大きく変えて空間を広くした。そこで以前は壁付けだったキッチンをリビング側に移動し、ペニンシュラ型に一新。元々キッチンがあった場所には大容量のパントリーを設けた。「キッチンの後ろに窓があるので、明るい雰囲気になって良いですね」とお母様も嬉しそう。以前和室があった場所にランドリースペースを新設したことも、家事ラクポイントだ。

 

以前は壁付けタイプだったキッチン。位置と方向を大胆に変えることで、明るさと使いやすさを叶えた

 

可動式の棚を取り付けたパントリー

 

 

自宅に「自分の城」が誕生
1階と2階で違う空間に

 

兄弟3人の子ども部屋と納戸があった2階は娘さんの〝城〟として、間取りもデザインも大変身させる計画を進めたことが今回のリノベ最大の特徴だ。そこで1部屋は収納部屋、納戸はウォークイン・クローゼットとして残し、他の部屋は仕切りをなくしてワンフロアの空間へ。セカンドリビングと寝室、パウダールームを設けたそこは、マンションの1室と見間違えるほど。テイスト的には明るくナチュラルな空間の1階に比べ、2階はシックで落ち着いた雰囲気に。

 

2階に誕生した、娘さんが使う明るくナチュラルな雰囲気のセカンドリビング。2部屋をひと続きにした贅沢な空間に生まれ変わった。ナチュラルな雰囲気のフローリングは、意匠性を高めるために木目調のフロアシートを貼ったこともポイント

 

その理由について「リビングやキッチンは家族みんなで使う場所なので、どうしても自分が好きなようにはできないと思ったんです。私は今回のリノベーションで〝自分の城〟を手に入れたかったので、2階は完璧に自分の思い通りにしてもらいました。そこで1階は両親に合わせて明るいテイストに、2階は自分好みの落ち着く雰囲気にしてもらいました。1つ屋根の下に2つの家があるみたいですよね」と微笑みながら教えてくれた。

 

2階の寝室とリビングの仕切りには、淡いブラックの強化ガラスを取り入れたこともポイント

 

そんな娘さんのこだわりが詰まった2階の中で、特にこだわったというのがパウダールーム兼トイレ。クロスやタンクレストイレ、洗面台を〝くすみカラー〟で統一させ、間接照明の光がほのかに照らすその空間は、さながらホテルのパウダールームのよう。「女優ミラーやヘリンボーンの床など、とにかくここには好きなものを詰め込みました。ショールームで一目惚れしたモカ色のタンクレストイレは目につくように、お手洗いとして独立させずにパウダールームの中に取り入れたことも正解でした!」。

 

娘さんが最もこだわった、2階のパウダールーム兼お手洗いスペース。くすみカラーがオシャレな洗面台や、ライトが顔を照らしてくれる女優ミラーなど、キュートな要素が満載。「ここで身支度をすると朝からテンションが上がるんです」というお気に入りの場所に

 

 

1階と2階の大々的なリノベーションを終えた感想を伺うと「とにかく楽しかった!」と語るGさん親子。「最初はやりたいことがいろいろあり、予算の中でできるかな? 本当にできるのかな? と不安に感じることもありました。そんな中でも担当の吉田さん、永尾さんが私たちの要望を叶えられるように知恵を絞ってくださって、パワーハウスにお願いして本当に良かったと思っています。終わってしまうのが寂しくて、もう1回お願いしたいくらいです(笑)」。

 

玄関には靴をスッキリ収納できる大容量のシューズクロークを新設。背面にはアクセントクロスがちら見え

 

階段の踊り場には大胆な絵柄のアクセントクロスを採用。シューズクロークと同じ柄にして統一感を出した

 


[ Company Profile ]

パワーハウス株式会社

[所]福岡市東区八田2-21-28
[☏]092-691-8880
[HP]https://www.pw-r.jp

※この記事は「フクオカリノベno.11」より抜粋して記載しております

 


ご購入はこちらから↓↓ 福岡県下の書店でも好評販売中!
▽ふくなびストア
https://fukunavi.stores.jp/items/64f14b2cb14f580030e61e8f

 


■公式Instagram
@fukuoka_renovation

こちらでも情報発信中!


 

 

法人様・自治体様向け情報サイトはこちら