お問合せはこちらお問合せは
こちら

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
0706作戦に世界が!博多駅前が熱狂!!

 2020年公開予定の注目作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。
 その公開に先駆け、7月6日、“『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦”と題してパリ、ロサンゼルス、上海、札幌、東京2カ所、名古屋、大阪、そして博多で『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1(冒頭10分40秒00コマ)0706版』の世界同時上映が実施された。

 博多では高さ12.2m×ワイド18.4mの大型スクリーンがJR博多駅前広場に急遽設置され、19時40分、屋外上映がスタート。最新作を待ちわびる多くのファンに向けてまずはパリ・JAPAN EXPOでのステージの様子が中継され、『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌を担当する高橋洋子が同作の『残酷な天使のテーゼ』や『魂のルフラン』といったおなじみのナンバーで会場を沸かせた。その後、主人公・碇シンジ役の緒方恵美も登壇し、公開へ向けたトークを展開。
「ひとつひとつ丁寧に作っていただいている作品です。きっと観たことのない映像ができ上がると思います。」(緒方)、「こんなにたくさんの皆さんがエヴァンゲリオンをとても大切にして下さって、私も主題歌を歌わせていただいてとても嬉しくおもいます」(高橋)と作品への期待とファンへの感謝を込めたコメントを述べた。
 その後、庵野秀明総監督からもサプライズのVTRメッセージが! 総監督の口から本作にパリが登場することが明かされると、喜びと驚きでJAPAN EXPOの会場は興奮に包まれた。

 そして、カウントダウンの後についに本編最新映像の上映が開始。ド迫力の映像と共に体を震わすほどの音に博多駅前が包まれ、観衆は息をのみながら一瞬も見逃さないように注視。
 終了後のファンたちは「カッコ良すぎた」「待ちきれない」」など、興奮と感動がおさまらない様子で博多駅を後にしていった。

■シン・エヴァンゲリオン劇場版 2020年公開
https://www.evangelion.co.jp/movie.html

  • 新サービス始めました
  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案