トップに
戻る

【Go to GOTO!】(小値賀島編)~こじこじぱん~朝食にオススメ!小値賀産作物も味わえる、島のこだわりパン

~Go to GOTO!【小値賀島編】~

 

\小値賀島ってどんなところ?/

長崎県の五島列島北端に位置する小値賀は、佐世保からフェリーでおよそ3時間の船旅で到着する、人口2300人ほどの小さな島です。太古の昔、海底火山の溶岩によって造り出されたその雄大で美しい独特の景観、海岸美から島全体が西海国立公園に指定されています。

 

懐かしき日本の原風景が残る美しい小値賀島で、暮らすように旅をしませんか?

今回ご紹介するのは『こじこじぱん』です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「こじこじぱん」は、笛吹商店街の途中にあります。フェリーターミナルからは徒歩10分ほど。黄色くてかわいいのれんが目印です!

お店がある通りには飲食店や生活用品店、銀行、宅急便などが集まっていて、小値賀の中心部。

しかし朝早くから営業しているお店は意外にも少なく、朝ごはんが見つからない・・・なんてこともしばしば。そんな時にぜひおすすめしたいのがこじこじぱん。

お店の中に入ると、ショーケースに手作りパンがずらり!とってもいい香りがします。

 

 

 

こじこじぱんのパンは生地に卵、バター、牛乳を使わず、小値賀産のさつまいもを練りこんでいるため、生地に独特の「ふわもち感」があるのが特徴です。小麦粉も福岡県産というこだわり。

小値賀産の作物や柑橘類を使った季節限定のパンも大人気です。

この日いただいた「りんたろうファームのミニトマトぱん(180円)」も」そのひとつ。太陽の光をたっぷりと吸収し育った島産のミニトマトは、とっても甘くて美味しいんです🍅

お店にはイートインスペースもありますが、感染症対策の為に最近は使用を制限しているそう。

それならばと、歩いて3分ほどの港のそばでいただくことにしました✨小値賀の美しい海を見ながらいただくパンは別格です!

こちらは「おぢか産紫芋のあんぱん(160円)」。やさしい甘さが口いっぱいに広がります。

小値賀の方にも観光客にも愛されるこじこじぱんのパンは、フェリーターミナルでも数量限定で販売しています。小値賀を訪れた際には、ぜひ味わってみてくださいね🍞

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■DATA

こじこじぱん

[所]長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷1840
[電]なし
[営]早朝6:30~17時ごろまで(売り切れ次第終了)
[休]水曜・木曜
[P]なし カード不可

 

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
法人様向け情報