トップに
戻る

【Go to GOTO!】(小値賀島編)~Ojika Island Luxury Picnic~心も身体も喜ぶお料理を、幻想的な景色の中で

~Go to GOTO!【小値賀島編】~

 

\小値賀島ってどんなところ?/

長崎県の五島列島北端に位置する小値賀は、佐世保からフェリーでおよそ3時間の船旅で到着する、人口2300人ほどの小さな島です。太古の昔、海底火山の溶岩によって造り出されたその雄大で美しい独特の景観、海岸美から島全体が西海国立公園に指定されています。

 

懐かしき日本の原風景が残る美しい小値賀島で、暮らすように旅をしませんか?

今回ご紹介するのは『Ojika Island Luxury Picnic』です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五島列島の島々とどこまでも広がる海、そこに沈む夕日を眺めながら、小値賀の新鮮な海の幸や野菜など小値賀島の恵みがつまった食事をいただく・・・

小値賀旅の案内役「おぢかアイランドツーリズム」が提案する、スペシャルなひと時です。

あたたかな日差しの中、きらめく海とまばゆい景色が広がる山の上。
目の前には、小値賀諸島の島々や五島列島の山々が広がっています。

唯一の人工音は漁船の音。
船はゆっくりと海を渡って夕陽に向かって進んでいきます。

空にも海にも表情があり、1秒たりとも同じ風景は現れません。

 

今宵の音楽は鳥や虫たちのオーケストラです。

グレージングボードの上に並べられているのは、小値賀の新鮮な海の幸とお野菜、特産品の落花生やかまぼこなど。小値賀島の恵みがつまっています。

乾杯のスパークリングワイン、デザートのケーキと果物などのご用意も。
心も身体も喜ぶお料理をいただけます。

カトラリーや食器も厳選し、長崎県波佐見町の波佐見焼など上質のものを使用。
ドライフラワー、キャンドル、ランタンなどで飾られた草原は、ロマンチックな雰囲気で心思わずうっとりしてしまいますね。

Ojika Island Luxury Picnicは、海外で人気のボヘミアンとシャビーシックのスタイリングです。
小値賀島の大工さん手づくりのローテーブルは、インド製のラグの上に置かれ、モロッコのクッションでくつろぎの空間を味わうことができます。

流れる雲が夕陽に照らされ、空が刻々と表情を変えるマジックアワーの時間。

キャンドルのやさしい光がゆらめき、幻想的な雰囲気を演出します。一番星が瞬きはじめ、夜のとばりが降りるのを最後まで楽しみましょう。

ドライフラワー・キャンドル・ランタンなどで飾られた草原で風を感じれば、非日常のロマンチックな空間に身も心も癒されるはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■DATA

Ojika Island Luxury Picnic

[所]長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2791-13(フェリーターミナル内)
[電] 0959-56-2646(NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会)
[料]Ojika Island Luxury Picnic 古民家ステイ1泊2日ご宿泊付プラン(1日2名1組様限定)2名様ご料金:70,800円~

→予約・お問合せは、おぢかアイランドツーリズム協会HPより

https://ojikajima.jp/news/information/14896.html

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
法人様向け情報