トップに
戻る

【ふくおか地魚バトル!!夏の陣】熱燗と地物の魚と野菜でほっこり『高砂 かんすけ』

■ふくおか地魚バトル・夏の陣■ 開催中!

好漁場に恵まれ、毎日たくさんの種類の新鮮な魚が水揚げされる福岡県。そんな水産食材に恵まれた地・福岡の最前線で腕を磨いてきた料理人たちが「これぞ!」と自慢の地魚料理を披露するイベントです。

●第1弾/2021年7月29日(木)〜8月31日(火)
●第2弾/2021年9月1日(水)〜9月30日(木)

第2弾は博多駅、天神、西新から18人が参戦。福岡の地魚を使った、舌においしい、目にも美しい料理の数々を一挙にご紹介します!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ふくおか地魚バトル・夏の陣 第二弾、14店舗目は『 高砂 かんすけ』です。今回使用される地魚は”旬の魚”で、提供されるお料理はこちら!

 

白身魚の淡煮  1200円

 

白身魚に地元野菜の旨味をプラス 相乗効果で味が深まります

 

提供期間:9月1日(水)〜9月30日(木)

 

 

『かんすけ』の定番人気メニュー『淡煮』をバージョンアップ!たっぷりのコンブに、酒、塩という最小限の味付け。文字どおり淡く繊細な味わいを特徴とした一品です。

 

最初は薄味に感じられるかもしれないが、「コンブと野菜のグルタミン酸、白身魚のイノシン酸が加わって深い味わいになるんです」と守田さん。厳選した白身魚と浮羽産の季節の野菜が織りなす滋味深き味わいは、これまでの魚料理のイメージを覆すにちがいありません。

 

 

『高砂 かんすけ』守田信太朗さん

 

テレビ『料理の鉄人』を観て料理に興味を持ったという守田さん。高校卒業後に大橋の居酒屋で働き始め、2011年、『かんすけ』を開店。瞬く間に人気店となり、現在は薬院店もあります。「魚は予算を超えても良い物を選び、その持ち味を崩さないように意識しています」と話されていました。

 

 

 

高砂 かんすけ

 

高砂の裏路地にある居酒屋。地物を中心にした魚介料理が評判で、季節によっては糸島産の食材を使ったジビエ料理も味わえます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※掲載店は新型コロナウイルス感染防止の取り組みをしています。ご来店の際は、マスク着用・手指の消毒などのご協力をお願いいたします。

高砂 かんすけ

[所]福岡市中央区高砂1-18-1
[☎]092-522-3710
[営]11:30~OS13:30、17:30~23:00(OS22:00)
[休]水曜・祝日

 

■ふくおか地魚バトル!!の公式インスタグラムも、ぜひチェックお願いします!

https://www.instagram.com/jizakana_battle/

 

 

 

 

 

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集