トップに
戻る

【ふくおか地魚バトル!!夏の陣】鮮度抜群の海鮮にこだわる居酒屋『 博多前 炉ばた 一承 福岡本店』

■ふくおか地魚バトル・夏の陣■ 開催中!

好漁場に恵まれ、毎日たくさんの種類の新鮮な魚が水揚げされる福岡県。そんな水産食材に恵まれた地・福岡の最前線で腕を磨いてきた料理人たちが「これぞ!」と自慢の地魚料理を披露するイベントです。

●第1弾/2021年7月29日(木)〜8月31日(火)
●第2弾/2021年9月1日(水)〜9月30日(木)

第2弾は博多駅、天神、西新から18人が参戦。福岡の地魚を使った、舌においしい、目にも美しい料理の数々を一挙にご紹介します!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ふくおか地魚バトル・夏の陣 第二弾、4店舗目は『 博多前 炉ばた 一承 福岡本店』です。今回使用される地魚は”スズキ”で、提供されるお料理はこちら!

 

すずきのオイル焼き蓼酢ソース添え 1290円

 

 

旬を迎えたスズキの淡白な味を 相性のいいタデ酢でさわやかに

 

提供期間:9月1日(水)〜9月30日(木)

 

 

出世魚として知られるスズキは梅雨から夏にかけて旬を迎え、淡白ながらも脂の乗った身は絶品です。それを炉端焼きで丁寧に焼き、オイルを塗ることで旨味を閉じ込め、しっとりと仕上げます。

 

それに添えるのは蓼(たで)酢ソース。鮎などに合わせるのが有名ですが、白身の魚との相性が良く、少しの辛味と香りがスズキの淡白な味に奥行きを与えます。炉端焼き独特の炭の香りに加え、夏にぴったりの蓼酢のマッチングに食欲が増すはず。

 

 

『博多前 炉ばた 一承 福岡本店』 松田孝太さん

 

幼い頃から自分の昼食を作るなど料理に興味を持ち、「日本人なのだから和食を…」と思い19歳から京都で修業。有名割烹などで10年に渡って腕を磨き、地元の福岡に戻りました。卵料理を得意とし、なかでも出汁巻き卵にはこだわりがあり、そのおいしさは仲間内でも賞賛されるほどだそう。

 

 

博多前 炉ばた 一承 福岡本店

 

藁や炭火などで素材を豪快に焼く炉端料理の店。じっくりと焼き上げ、食材本来の旨味や味わいを引き立たせます。

ヤリイカの活造りも名物です。コリコリで甘い透明なヤリイカの活造りを始めとした、旬の素材を和食一筋の職人が大切に調理した料理をご用意。そのほか多数の刺身や福岡の名物料理が充実し、ランチやディナーで賑わいます。個室も完備。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※掲載店は新型コロナウイルス感染防止の取り組みをしています。ご来店の際は、マスク着用・手指の消毒などのご協力をお願いいたします。

博多前 炉ばた 一承 福岡本店

[所]福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル1階
[☎] 092-292-1163
[営]11:00~OS14:00、17:00〜23:00(OS22:00)
[休]なし

 

■ふくおか地魚バトル!!の公式インスタグラムも、ぜひチェックお願いします!

https://www.instagram.com/jizakana_battle/

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集