トップに
戻る

『福岡・佐賀で出合った家族の暮らし』土間リビングを中心に、健やか家族の夢ふくらむ。【住工房プラスアルファ】

[住工房プラスアルファ]がつくった、
佐賀県佐賀市在住/Tさんの住まい

青空と緑の芝生によく映える、オフホワイトの外観。[住工房プラスアルファ]で家を建てたTさんご一家が最初に心惹かれたのは、「赤ちゃん基準の素材使い」。健やかな暮らしを守る待望のわが家には、なんと土間リビングが広がっていたのでした。

リビングの土間には家族でビー玉を埋め込んだ。一段上がってダイニングとキッチン、もう一段上がって和室、と高さを変えながら一体感のある空間を確保。段差はイス代わりに腰掛けるにも便利

 

 

子どもたちの健やかな
成長をかなえる家を

青々とした芝生で遊ぶ子どもたち。玄関先まで聞こえるにぎやかな話し声が何ともほほえましい。Tさんご一家はご夫婦と2人のお子さんの4人家族。以前はアパートの2階に住んでいたが、お子さんの成長とともに一戸建てを持つことを検討するようになったという。

「子どもが家の中で遊んでいると、どうしても階下のお宅に音が響いて迷惑になります。まわりを気にせず、のびのびと子どもたちを遊ばせてやりたいと思い、家を建てたいと考えました」。

そうしてハウスメーカーのモデルハウスを回り始めたのが2年ほど前。[住工房プラスアルファ]に出会ったのは、知人が建てた家に遊びに行ったときだった。

「その家の雰囲気がとてもよくて。希望をすべてかなえてもらったと、知人も満足そうでした。建材などすべて『赤ちゃん基準』で選んでいる点も魅力ですよね。アパートでは子どもが少し咳込んでいたので、健康にも配慮した家づくりは外せない条件だったんです」とご夫妻は振り返る。

 

上部から自然光を取り込んだ洗面スペース。シンク下の掃除もしやすく清潔

 

土間をそのままリビングに
画期的アイデアに「いいね!」

「カフェのような雰囲気」、「のんびりくつろげる和室」、「2階へと続くリビング階段」そして「日当たりや風通しがよいこと」。Tさんの声を受けて[住工房プラスアルファ]が提案した間取りは、なんとリビングが土間になっていた。「サーフィンやスノボが大好きなご夫妻だったので、ボードも飾れるように」と設計担当者が考えた大胆なアイデアだった。

「一目でオモシロイ!と感じました。ステップフロアのように段差を持たせながら、リビング、ダイニング、和室とつながっている設計も楽しそうだったし」。

 

土間リビングをはじめ、1階の各コーナーや庭まで見渡せる機能的なキッチン。壁に取り付けられた小窓も可愛らしく、カフェのような雰囲気づくりに一役買っている

 

単にオモシロイだけでなく、この土間リビングは予想以上に居心地が良いのだという。
「庭との一体感も格別ですぐ外に出られるし、まるで庭全体がリビングのよう」と話すご主人の言葉に、奥様もうなずく。「人が集まる空間にしたくて、カフェのような家をオーダーしたのですが、土間リビングならお客さんも靴を履いたままくつろげますよね。掃除もラクで助かっています」。

玄関の土間とリビングの土間は扉で仕切られているが、扉の向こうに広がる土間リビングには、来訪者も興味津々!おしゃべりの時間もつい長くなりそうだ。

「何よりも子どもたちがのびのびと走り回れる家になったのがうれしい。今はダイニングでごはんを食べ終わったら、トトンと土間リビングに下りて、そのまま庭に駆けていくんです」。どうやらお子さんたちも元気いっぱいの様子。ご夫妻もそんな姿を見るのが愛しいと話す。「もう、静かにしなさい!って言わなくてもいい。家族みんなにとっていい住空間になったと感じています」。

 

 

 

家づくりは選択の連続
一生ものを選ぶ充実の時間

ゼロから始まった家づくり。間取りの決定はもちろん、建具や壁、床の材料、はめ込むガラスの質感や色、ふすまの色……ひとつずつ選んでいった長い時間も、今となってはいい思い出。「選ぶものは山ほどあるけれど、それがみんな一生ものだから、楽しい時間でした」と、Tさんご夫妻は話す。

 

透け感のある色ガラスやおはじきを家のあちらこちらに取り入れて、軽やかなアクセントに。光の当たり方で光そのものの表情や影の色も変化するので、見る楽しみも尽きない

 

アーチ型のくぐり戸は、住工房プラスアルファでも人気の高いデザイン

 

見渡せば、床にも壁にも無垢材をふんだんに使っていながら野暮ったくはなく、洒落た印象を受けるT邸である。これはご夫妻が見本を片手に選び抜いた壁やふすまのカラーセンスによるところが大きい。このように、ナチュラルでアンティーク風の味のある家具や雑貨が似合う空間は、おふたりのこだわりを隅々にまで行き届かせて完成したのだ。

「芝生でゴルフができるような、アメリカンな庭にできたら、楽しそうだな」とご主人。「子育てが落ち着いたら、ここで小さなお店をしてもいいかも」と奥さま。まだ入居から半年だけれど、土間リビングを中心に、Tさんご一家の夢は早くもふくらんでいる。

 

スポーツ大好きなご一家。玄関先には道具類や手足を洗う専用蛇口も

 

柔らかな芝を敷いた庭で遊ぶご一家。土間リビングへの出入りもラクで、お子さんも庭で遊ぶのが大好きだとか。芝の手入れはご主人が担当。「いつかこの庭でゴルフの練習を」

 


 

Company profile

株式会社住工房プラスアルファ

更なる家づくりの向上を目指す「赤ちゃん基準」の家づくり。

建築基準法を守れば子どもたちを守ることができるのでしょうか? 基準法の対象は子どもではなく、成人なのです。化学物質による室内空気汚染が全て防止できるわけではありません。だからこそ「住工房プラスアルファ」は「赤ちゃん基準」の家づくりを目指します。

[所]佐賀市鍋島町八戸溝149-9
[☏]0952-36-7505
https://www.alphadegozaru.com/

 

[施工エリア]福岡市近郊、築後、佐賀県
[設立]平成16年6月
[資本金]1000万円
[従業員数]8名
[許可・登録]佐賀県知事登録 第は-1173号
佐賀県知事許可(般-1)第10163号
[保証]JIOによる住宅瑕疵担保責任保険

 

【株式会社住工房プラスアルファ HP】←クリック

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集