トップに
戻る

【リノベのお宅訪問~マンション編~】4年前にリノベーションを行なったお宅に訪ねてみると、素敵なプロジェクトが始まっていました『フーセット』

福岡市南区在住 K邸
『フーセット』のすてきなリノベ

 

リノベで手にした新空間は今や、アイデアの宝庫!

2017年に、築約40年のヴィンテージマンションを購入。「100年たっても愛される家」をテーマに北欧スタイルの家づくりを提案する『フーセット』に依頼し、全面リノベーションを行なったKさん。高台にある最上階の角部屋で、西と南からたっぷり陽が入る広々としたリビングに、イラストレーターとしても活動する奥さまのアトリエを設けた家は、記事が掲載されるや否や、「我が家もこんな風にリノベーションしてみたい」と大きな反響を呼ぶことに。

そんなKさんの家を今回、久しぶりに訪問。聞けば、「リノベーションを経て、始めたことがあるんです」とのこと。お邪魔すると、心地よい光に包まれた雰囲気をそのままに、床のパイン材は、まるで小学校の床のような味わい豊かな風合いに。そして、部屋いっぱいに気持ちよく光を巡らせる白い壁には・・・凧?「そう、凧(笑)。実はここで2020年から、「おとなこどものための絵画・造形教室」を始めたんです」。

 

オーダーした長さ2m40cmのテーブルも余裕で置ける広いダイニング。リノベ前は「邪魔?」と思われた梁は、子どもたちのカラフルな作品が映えるギャラリースペースとして、今ではなくてはならないものに。

 

LDKの外にはベランダが。「先生、今日はここでお茶をしよう」と生徒たちもお気に入り。

 

東京で絵を学び、その後は福祉施設などでも、子どもたちがアートに触れる場に立ち合ってきたKさん。いつか機会があれば、誰もが気軽に創作活動ができる場を持ちたいと考えていたそう。そして4年前、リノベーションでこの空間を得たことをきっかけに少しずつ温めてきた夢が、ついに実現!「リノベーションって、暮らしだけでなく人生も変える力があるんです」とKさん。

水~日曜に開校中の「シロズク画工室」。一家にとって居心地抜群の空間は今や、毎回、ワクワクしながら訪ねてくる生徒たちの笑顔でいっぱいに。

 

BEFORE

かつて、二間続きだった和室を1つはLDKに、1つはアトリエに、西側からの光もLDK全体に入るようになり、明るさ倍増。

 

扉の向こうには奥さまのアトリエ。部屋の中にあえて「窓」を設けたことで、空間の広がりがさらに生まれた。

 

日焼け防止の仕上げを施したパインの床材。年に数回、専用の石鹼を泡立てて手入れをすることも恒例行事に。

 

リビングに隣接するKさんのアトリエ。グレーの窓枠や天井からのオブジェ(こちらもレッスンで制作)が、シンプルな空間に家主らしい彩りを添えて。

 

玄関はシューズボックスを取り払い、テーブルを置いて図鑑や草花をデコレーションできるギャラリースペースに。

 

キッチンはオープンスタイルでダイニングはほぼ一体化。「レッスンしながらお茶を入れたりするのにもとても便利です」

Company Profile

フーセット

[所]福岡市早良区高取2-15-3

[☏]092-831-5225

[HP]https://www.huset.jp/

※この記事は「フクオカリノベNo.6」より抜粋して記載しております

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集