トップに
戻る

「福岡・佐賀で出会った家族の家と暮らし」家主の想いを丁寧に育む栗原建設の家づくり「栗原建設」

古賀市在住 Sさんの住まい 

「100%国産木材」×「自社大工」×「自由設計」でシック&モダンをベースに遊び心をプラス!家族の生活を深く見据えて大切にカタチにしていく栗原建設の世界にたったーつのマイホームづくり。

 

大きな家に住みたい!広々30畳超えのLDK

周辺を長閑な田園風景が囲む自然豊かな場所にSさんの住まいはある。モダンでありながらすっきりとしたシルエットが美しい外観に見惚れながら近づくと、その大きさに驚いてしまう。小さな頃からの夢を実現しようと広めの土地に大きく家を建てることを決めたと話すのは、施主のSさん。
「物心つく頃からわが家は、現場仕事の父の同僚が出入りすることが多くて、大勢が来ても対応できる広めの間取りでした。その影響からか、自分で家を構える時には、とにかく大きな家にしたいとずっと思っていたんです」。

 

「大きな家に住みたい!」とSさんの純粋な夢から生まれたリビングは、家族5人が一緒に過ごしても広々。「折角なので家具やカーペットも妥協せず、妻の好きなものを選びました」と大満足のSさん

 

多くの人が集えるLDKを持ちたいと、1階の大部分を贅沢に30畳超えのリビング空間に充てた。リビングの奥にはアイランド型のキッチン。カップボードや壁紙もキッチンの色に合わせてグレイ調でまとめ、普段調理に立つ奥さまが独り占めできる落ち着いたスペースになるようお願いしたという。リビングに選んだのは、電動式リクライニングソファ。スイッチ1つでテレビに向かって寝そべるように脚を伸ばすことができるこの場所はSさんのお気に入りの場所。仕事から帰るとシャワーを浴び、1日の終わりにこの場所でテレビを眺めながらゆっくりとコーヒーを飲むのが至福の時間だという。

 

 

国産無垢材にこだわりながらも内装はデザイン性を重視。間接照明やダウンライトを使いこなし、モダン&シックに仕上げたLDK

 

家族5人がリビングに集っても30㎡あるからゆとりいっばい。末娘のAちゃんはふかふかのソファで絵本を読む時間が大好き

 

 

壁紙や家具までこだわる世界でたったーつのわが家

断熱については、吹き付けの充填断熱と断熱材貼り付けと2種を提案されたうち、土地柄を考慮して前者を選んだ。また、1階のLDKのほとんどの部分に床暖房設備を採用。洗面所まで床暖房にしているため、冬のお風呂タイムでも寒さを感じない。このように温度管理調節機能を十分に施しているからか、エアコンを入れなくても快適な温度で過ごせる日が多いそうだ。
柱や梁、躯体の構造材には、国産無垢材を使用。耐震性能まで見据えた構造計算も安心・安全だと感じる大きな要素だったというが、特に奥さまが信頼できると感じた点は、照明やコンセントの場所までーつひとつ現場で一緒に確認してくれた丁寧さだったという。「コンセントの位置も背丈や行動パターンに合わせてぴったり設置できました」と奥さまも大満足。

 

広々としたリビングに個性的なラグがポイントに

 

コンランショップで一目惚れした照明がアクセントクロスとぴったりの相性

 

2階は子ども部屋3つと主寝室の4部屋。洗面台も設置

 

同時に、設計段階からどのような家具を配置するのか、家族構成をヒアリングしながら細かく打ち合わせ。ダイニングスペースについてもこだわりの提案があった。家具の大きさやカタチ、色味によって部屋の印象も大きく変わるため、4人掛け・6人掛けの場合と比較しながら、5人家族に最適なスぺースを導き出してくれたという。その結果、とても満足しているとSさんが話してくれたのは、そのダイニングでひと際目を引く、モンキーポッドの一枚板で出来た6人掛けテーブルだ。[栗原建設]の自社大工による手づくりで、システムキッチンの隣にピタリと収まっている。「主人と一緒にテーブルに合う椅子を探すのも楽しい時間でした」と奥さま。6脚をすべて同じ椅子で揃えるか、1脚ずつ個性豊かな椅子を並べるか、悩んだ末に決まったのは、国産と海外ものの椅子を3脚ずつ並べること。「国産の椅子は関家具さんで見つけたもの。座り心地が抜群です」とSさん。[栗原建設]が得意とする造作家具とのコラボで、ショールームのように美しいダイニングが完成した。

 

 

栗原建設の自社大工が造作したダイニングテーブルはなんと長さ2.4m。使い込むほどに質感が増し、木材の個性を惹きだすオイル仕上げにうっとり

 

テーブルの裏側には、何十年と使えるよう反り止めを細工。ひと手間もふた手間も愛情を込めた大工仕事は見事!

 

モデルルームで見たアイランド型のキッチンを選択。全体を落ち着いたグレイのトーンで揃えて一体感を演出している

 

 

“自社大工”を抱える強みを随所に感じられる住まい

創業62年目を迎える[栗原建設]は、地域密着の工務店として多くの人に親しまれてきた。古賀、福津、 宗像界隈ではもちろん福岡市内の現場も多く、朝倉・筑前町や太宰府・筑紫野などまで商圏を広げ、土地探しからお手伝いしている。腕の良い職人が集結し、国産木材を使 用した家づくりに精通する同社。ハウスメーカーの真似ではなく、独自の特徴や匠の技を活かし、施主一組ずつにとっての「いい住まい」を徹底的に追求する「昔ながらの工務店」の気質を持ちながら、洗練されたデザインを同居させる稀有な会社だ。木材や家づくりを大工目線から見つめ、的確なアドバ イスができるのも[栗原建設]に信頼が集まる理由のーつ。

 

高級リゾートホテルの一室のような雰囲気の主寝室

 

ドアや床は木目が柔らかなチェリーで統一。開放感を出したいとハイドアにこだわっている

 

洗面所も広々。天井バーがあり、雨の日には室内干しが可能

 

アクセントクロスを上手に使いこなして明るい印象に。同じクロスを扉にも使用するなど、遊び心を取り入れて 

 

「これまでの現場経験から自分が学んだことは、包み隠さず正直に伝えています。良いものは良い、悪いものは悪いとお客様に正直に伝えることが私なりの誠意だと思っています。当社にはパッケージ的なものは一切ありませんし、設計も仕様もすべてお客様の希望と予算に応じています。お客様が叶えたいことと予算とのバランスを見ながら家づくりを進めています」と本物件を担当した栗原専務は丁寧に話をしてくれた。「だから、当社の家づくりは、いい意味で特長がないのかも知れません」と笑う栗原専務の気さくで話しやすい人柄が同社の魅力の表れであるに違いない。

 

もちろん、玄関も広々空間。右手にはシューズボックス、左手にはクロークスペースでいつもスッキリとゲストを迎えることができる 

 

モダンなボーダーデザインをベースに豊かな質感で仕上げた外観がおしゃれ。大きな一軒家の棟上げの日には餅まきで約150人が詰めかけたという 

 

クルマ2台が余裕で駐車できるガレージには、2方向に扉を設置して出入りしやすく。化粧梁を造作したガレージは男性的なハードな雰囲気に

 


 

Company profile

栗原建設

 

「お客さま第一主義の家づくり」を大切に住まいづくりのお手伝いを

昭和33年創業、「地域に根差した工務店」として独自の特徴や匠の技を活かし、
皆さまの「いい住まい」はどのようなものかを考え、安心して住み続けられる、
お客さま一人ひとりに寄り添った住まいづくりを提供していきたいと考えています。

 

[所]福岡県古賀市川原1295
[☏]092-942-2987

[施工エリア]福岡県地域
[設立]昭和33年6月
[従業員数]7名
[許可・登録]福岡県知事許可(般-29)第106450号、
宅地建物取扱主任者 福岡県知事(2)第17180号
[保証]20年長期地盤保証、
シロアリ保証5年、
住宅瑕疵担保責任保険「ハウスプラスすまい保険」10年

 

【栗原建設 HP】←クリック

 

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集