トップに
戻る

【福岡グルメ】夢の明太子食べ比べ!『博多めんたいロック弁当』新発売!

博多名物「辛子明太子」の人気メーカー4社の明太子が食べ比べられる、かつてないお弁当が2021年4月1日(木)に発売されます!

 

明太子メーカーは、アンケートを元に選ばれた4社です!

〈ふくや〉辛子明太子を博多名物にした立役者

〈福太郎〉めんべいでもお馴染み、飲食店も

〈やまや〉匠のたれと熟成にこだわるメーカー

〈かば田〉前身は漬物屋ということで、昆布漬けが特徴

 

完成披露の記者会見には、明太子メーカーの代表者による挨拶も!

↑株式会社山口油屋福太郎 代表取締役社長・田中洋之さん

↑株式会社ふくや 代表取締役社長・川原武浩さん

↑株式会社かば田食品 取締役・椛田直人さん

 

地域情報誌『ナッセ』を発刊するサンマーク社長・阿多浩一さんが、山口油屋福太郎の田中社長に、明太子を食べ比べられるお弁当を作りましょう!と持ちかけた企画で、実は、辛子めんたいこの協同組合があり、各社の横の繋がりが密接、かつ仲良し!明太子のレシピを開発し、広めた『ふくや』創業者の川原俊夫さんの心意気が連綿と受け継がれていたため、話はすぐにまとまったそう。

↑TV出演も多数の料理研究家・古川麻水さんも明太子が大好きで、しかもたっくさん食べたい!ということで、各社10g以上の明太子が乗っかっています!!

なるべく福岡らしい味を盛り込もうと、料理研究家の古川麻水さん監修のもと、『お弁当のあじや』が作りました!

〈博多華味鳥〉の唐揚げ、糸島豚の高菜巻き串、博多がめ煮、糸島ねぎの玉子焼き、博多おきゅうと他、ごちそう感満載です。贅沢です。ご飯が足りなくなりそうです!

 

↑工場のキャパがいっぱいで、最初はどう断ろうかと思っていたけれど、福岡を代表する明太子メーカー4社がひとつの弁当に入ると聞いて、「やりましょう!」とその場で決めてしまったという『あじや』代表取締役社長の倉園幸治さん

 

サンマークが取り組んできた、福岡の飲食店を盛り上げる企画(プロジェクト博多ぐるめ応援隊)は、以前にもあり、

第1弾 「ゴチ送」(飲食店の料理のデリバリーサービス)、

第2弾 「ゴチデパ」(大丸福岡天神店東館地下2階にて弁当販売)

に続く第3弾がコレになります。

ネーミングは、シーナ&ロケッツやロッカーズ、ルースターズなど、かつて福岡から飛び出したミュージシャンの音楽の総称から。パッケージはロックな感じです♪

↑お弁当は豪華2段! 広げてお品書きを確認しながら、しっかり味わって食べられます!

↑お品書きが印刷され、どれがどのメーカーの明太子かがわかるランチョン付。最初はランチョンを見ずに、「利き明太子」をしてみても面白そう!

 

↑プロモーションの一環で、筑後市の「西吉田酒造」が作った麦焼酎も親不孝通りの飲食店に置き、盛り上げていく予定とのことで、天神3丁目町内会の会長さんもご挨拶に駆け付けました

 

『博多めんたいロック弁当』3000円

2021年4月1日(木)より、大丸福岡天神店東館地下2階にて発売!

 

詳細はコチラから↓↓

https://nasse.com/mentai-rock/
※マップは大丸福岡天神店の場所です。

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集