トップに
戻る

【栗原建設がつくった新築住宅】土地を生かし、夢をかなえる!落ち着いた和モダンの家

土地を最大限に生かし暮らしに便利な空間を

ご夫妻が家づくりのパートナーに選んだのは『栗原建設』。100%国産木材、仕入れた後にも乾燥・製材して精度を高めることやオール4寸の構造材と言った木へのこだわり、自社大工による施工などで安心・安全をベースにしてお客様に合わせた家づくりを手がけている。「しっかりと3代続いていて60年以上の歴史があるということにも、職人さんの手による安全自社施工ということにも安心感がありましたね。いつも親身になってくれる栗原専務さんの人柄にも魅かれましたね」。しかし、当初は不安も多かったそうだ。「細長い形で約95平米とそこまで広くはない土地。駐車スペースも2台は必要でしたし“ここに建つんですかね?”という感じでした。でも、初めに出していただいた図面からほとんど変わってないんですよ!予算の面も心配でしたが、それも解決して頂きました」。
リビング、キッチンカウンター、床暖房、キッチン・トイレ・お風呂の位置を集中させた家事を楽にする生活動線、寝室と子ども部屋2室とトイレがある2階、さらには「2階の屋根裏にまで屋根裏収納を作っていただきました」と収納スペースもたっぷり。『栗原建設』は二人の不安を吹き飛ばし、想像以上の家をつくり上げた。

 

家の裏側の外壁は黒を考えていたそうだが、「『隣の家が暗くならないように』という栗原さんの勧めで変更しました」。左側に見える柵は、勝手口の扉を開けた時に外から見えないようにするためのもの

キッチンは暗くなりがちだが、冷蔵庫の上に採光窓を設けて明るい空間に。懐かしい風合いの戸棚の木材が奥さまの雰囲気にとても似合う

 

 

長年の経験で洗練される“和モダン”テイストの家

「家に対してイメージする大きなテーマは“和”でした。畳とフローリングを融合させたり、全体を“和モダン”テイストのおしゃれな家に仕上げていただきました」。リビングの中央は特徴的な畳敷きのスペース。「ここでゴロンと横になるのが最高です」。その見上げた先にある吉野杉の梁は、ご夫妻たっての希望だった。天井をフラットにせず梁で動きのある面にすることで高さを感じさせるデザインとなっている。「この風景は図面では想像できないことでした。栗原さんにおまかせしてよかったです」。それは、『栗原建設』の長年の経験があればこそ。同じく経験値の高さを感じるこんな話も教えていただいた。「家の北側にも植栽をしたいと考えたのですが“地中に配管があり、根が管を傷つける恐れがありますからやめておきましょう”と言われ、“なるほど!”と思いました」。

 

 
天井まであるハイドアのおかげで開放感抜群。床暖房対応のフローリングは角に特殊な加工が施されており、無垢材と同じような心地よさを足裏に与えてくれる

 
洗面所とお風呂に室内干しスペースを確保することで奥さまの負担は格段に減ったとのこと。洗面所の足元は藤テイストのクロスだ

 
リビングの天井にデザインされた吉野杉の梁は、ご夫婦を日々楽しませている大切なアクセント。天井を高く見せる効果もあり、LDKに余裕を与えている

 
個性的なクロスを使った寝室に、「勉強する場所に使うといいということなので壁を黄色にしました」という子ども部屋

Company Profile

栗原建設株式会社

[所]福岡県古賀市川原1295

[☏]092-942-2987

[HP]https://kuriharakensetu.co.jp/

※この記事は「家づくりの本ふくおか・さがNo.50」より抜粋して記載しております

家づくりnet

シティ情報ふくおか+

よかローカルNEW

街活netお得な情報はこちらから