Fukuokaナビ

コラム

週末旅に「ミャンマー」という選択肢。

2017年04月12日│コラム│writer:satonaka

韓国、台湾、上海、タイなど、福岡から行ける週末旅の選択肢に加えてみたいのが、福岡と姉妹都市にもなっている『ミャンマー』という国。タイ・バンコクから飛行機で乗り継いで約45分で到着するため、タイのプーケットや、ベトナム、シンガポールよりも時短で行くことができるんです。

アウン・サン・スー・チー政権で民主化となり、経済開放から6年の間に、日本を始め世界中の企業が進出しているミャンマー。外資系の飲食店の上陸や、地元コンビニ、スーパーの躍進など、ベトナム、バンコクのようにこれから急激な経済成長を遂げると言われている未開の地へ、≪シティ情報ふくおか≫編集部が潜入してきました! 飛行機のセール便多い週末ソウルや、週末バンコクにハマッた30代の女性編集部員が、次号5月号でリアルなミャンマーをレポートします。

 

マーケットの安価な雑貨はもちろん、ミャンマー在住の外国人による雑貨屋さんもキュートなものがいっぱい!

ミャンマーの定番のデートスポットはお寺なんです

ちょっぴりシャイで人懐っこいミャンマー人は、日本語を熱心に勉強する人多数!

ラーメン&うどん好きな福岡人にもしっくりくる麺料理の数々

詳しくは弊誌5月号(4/20発売)でご紹介します!

pagetop