Fukuokaナビ

シネマ

映画『イタズラなKiss THE MOVIE 2〜キャンパス編〜』佐藤寛太インタビュー!

 

(C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ (C)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会

『イタズラなKiss THE MOVIE 〜ハイスクール編〜』の公開に続き、
2017127日(金)より上映が始まった『イタズラなKiss THE MOVIE 2〜キャンパス編〜』。

ワクドキな原作漫画「イタキス」の世界を実写映画化するのは、
原作者・多田かおると生前から親交があった溝口稔監督。
作者急逝により未完のままの原作を、故人の作品に対する思いを熟知しているだけに、
長編映画初監督ながら思い入れたっぷりに実写映画化しています。

キャンパス編からは、テニス部の先輩・須藤にDBOYSの牧田哲也、
入江を巡り琴子のライバルとなる松本裕子役に、長渕剛の娘・文音など、新たな顔ぶれも参加。

テニス部の夏合宿を長崎・ハウステンボスで、夏の家族旅行を清里でロケをした、
楽しい制作秘話を入江直樹役の佐藤寛太(劇団EXILE)にインタビュー!

↑ なんと!「EXPG福岡」のレッスンルームで話を聞いちゃいました!

  佐藤さんはEXPG福岡に通ってたんですね?
僕はずっと特待生で通わせていただいていて、レッスンを自由に組めたので週5日で通ってました。もう学校並に通ってましたね。内装がすごいきれいになっていて、母校という感じがしないですね。
僕がいた頃からかわいがってくださったスタッフさんとかと顔合わせて、
自分の映画のキャンペーンで地元に帰って来れるのは本当に感慨深いです。卒業生として形を残せて嬉しいです。

ハイスクール編からキャンパス編に変わって、演技の変化は何かありますか?
『ハイスクール編』の撮影から1年くらいたっていたので、現場での居方、台本の読み方が変わりました。
頭の中で立体的に文字を起こせるようになったというか…現場でもちょっとだけ余裕というか物事を俯瞰で見えるようになった気がします。
セリフがない時の直樹の佇まいとか、(直樹はこの時)何を考えているんだろう?というシーンもあるので、セリフがない時の空気感、琴子との距離が少し近くなった様子が出せるようになった気はします。

琴子へのやさしい行動、家族に対して人間味が出てきましたね。
台本を読んだ時に、だんだん琴子に影響されて段階を踏みながら人間味が出てくるイメージはありました。琴子がいることによって直樹がどんどん変わっていく様がわかりました。
ふだん直樹は自分のことをしゃべらないのだけれど、琴子だからこそ言ったり、
本人は気付いていないけれど琴子のことを実は信用していたり、少しずつ影響を受けて変化していると思いました。

長崎や清里など、ロケ撮影は楽しかったんじゃないですか?
すごく楽しかったです! でもどちらも寒かったです。
春先だったんですが、衣裳は半袖だし、夜のシーンが多くて、長崎さむっ!って思いました。
文音さんとのシーンとか、本当はガクガクでしたよ!
でも泊まり込みでみんなでロケに行けたのは、本当にいい思い出です。

『ハイスクール編』の福岡キャンペーンには主要キャストの皆さん一緒に来られてて、とても仲良く、和気あいあいとしていたので、このグループで行けたら楽しかっただろうな〜と思いました。
当時は僕がまだ未成年だったので、お酒を一緒に飲むことはできなかったのですが、
ハウステンボスの時は、ほとんどのキャストさんが集まっていたので、
みんなで1つの部屋に集まって飲んでた、と聞きました。
僕と(山口)乃々華ちゃんは未成年だったので参加できなかったんですが、すごく仲のいい現場でしたね。HiGH & LOW』(’16)の時もそうですが、共演キャストの方には恵まれています。

共演者と言えば、今回は動物との共演も。
大変でしたね〜!
僕は大型犬が好きなので全然平気でしたが、セントバーナードは大きくて力が強かったです。
気性は大人しくて賢かったです。
犬のトレーナーさんが離れるとスタート!の掛け声にびっくりして動いちゃったり、
シーンの繋がりがあるので、いないとダメなので、大変でした。

琴子役の美沙さんをお姫様抱っこして階段を昇るシーンは、寄りの画も引きの画も押さえていたので、何度も昇ったのでは?
わりと何回も昇りました。ハイスクール編からお姫様抱っこは何度もしているんですが、美沙さんはとても軽いから全然大丈夫でした。
ほんっとに、何の苦もなく!
ただしゃべりながらだったので、息を切らせちゃいけないなって。
テストも含めたら4回くらい階段を昇ったのですが、そんなにきつくなかったです。本当に軽いんですよ。
それより池に落ちるシーン!実はハウステンボスで撮ったのですが、当初は「足が着くから、落ちても地面を蹴れば上がれるって聞いていたのですが、ダイバーさんが安全確認の為に潜ったら30秒くらい上がって来なくて…。
「これは56mあるね」って。
しかもその時になって琴子が実は泳げないと。
着衣水泳を小学校の時に経験したことがあるんですが、着衣水泳って、本当に泳ぎにくいんですよ。僕もいろんなスポーツの中で遠泳は一番苦手で、それが怖かったですね。
本番はじまって、水に落ちてから、3040秒放置されていた気分でした。
春先で、冷たい水で、上から落ちるから天地逆転で目を開けても今どっちが上かわからない。
光がある方に抱きかかえたまんま泳いでました。
あがって、ようやくボートを掴むんですけど、ダイバーさんが待機してるんですが、すぐ助けに入っちゃうと、そのテイクが使えなくなるので、みんな微笑んで見てるんです。でも、こっちは死にそうでした(笑)!
沈みかけてるから声も出ない。革靴が重くて、本当に死ぬかと思いました()

何事にも完璧な入江直樹役ですが、今回はテニスのシーンと調理シーンがありました。テニスの経験は?
0だったので頑張りました。猛特訓シーンは、それっぽくできてましたよね!?
自分でも良かったな〜と思いました。コーチについてもらって特訓したんです。
倒れ込むくらいきつい特訓だったんですが、コーチがやっているのを見ながら盗んで、でも撮影の時は自分が打つことに必死で!
テニスってラリーをふつうにするのに1年かかるくらい難しいスポーツと言われているらしいのですが、野球経験者はサーブが得意らしいです。
僕、野球ではピッチャーをしていたので、やりやすかったです。
でもサーブを決めてからのシーンもありまして…。
初心者の人が気軽にできるスポーツじゃないです。
だから時間があれば選手の動画を観てフォームをイメージしたりしました。
料理のシーンは、その頃はすでに出ていた寮に戻って、寮母さんに教えてもらいました(笑)。

トレーニングを積んでから撮影に臨んだのですね。でも、大勢の人が見守る撮影ではプレッシャーがあったのでは?
「すみません、10テイクくらいで決めるんで」って前もって言っていて、
意外と一発目で決まって、逆にビックリしました(笑)。
表情に出てはマズイと思って、「当たり前です。いつもです」みたいな顔して次のセリフに移りました。僕が一発でサーブ決めたら、後ろがザワッとしてましたが(笑)。
逆にその後にセリフを言う琴子ちゃんの方が、セリフを噛んでしまったら、
またサーブを入れるところから撮影なので、緊張したと思います。

『キャンパス編』から参加の牧田哲也さん、文音さんとの思い出は?
須藤先輩役の牧田さんは、現場ではお兄ちゃん的存在でした。
おっとりしていて物腰柔らかくて、気さくに話しかけてくださって、
いい意味で年齢差を感じさせない方でしたね。優しくて。
文音さんは、サバサバしていて、お芝居のことを一緒に話してくれて、姉御みたいに落ち着いてました。2人とはずっとお話ししてました。

須藤先輩と犬のからみは印象的でした。
あれ、ギャグポイントじゃないんですけど、(笑)。
股の間からブリティッシュハウンドのクラリスが頭を覗かせるのも、偶然で。
須藤先輩がらみのシーンは面白かったです。現場で監督もどんどんオーダーしていました。
僕、すっごいゲラ(=笑い上戸)なんです。だから笑えないのが辛かったです。
陣内さんとか、「テストの時と違うじゃないですか!?」って言いたくなりました。僕が斜め前の方に顔を背けてたら、それはツボッてます(笑)。
本番で使われてるかわかりませんが、バレないようにしていたつもりです。

アドリブをどんどん繰り出す陣内さんの前で、クールに決めるのは苦行ですね。
ズルイですね。

映画での胸キュンポイントは?
だんだん直樹と琴子の距離が近付くのが夏のテニス合宿なんです。
琴子をお姫様抱っこして、空港から電車に乗って琴子の家まで送って行って、
だんだん2人が一緒にいるというのがふつうになってきている。
距離感がぐ〜っと近付く感じを観てほしいですね。

ハイスクール編の
DVD314日(火)にリリースされるので、DVDでも観てほしいです。
登場自分物がみんな人を大切にするキャラクターばかりなので、家族や大切な人と一緒にお家でDVD鑑賞を楽しんでほしいです。メッセージ性もあると思います。

携帯がない分、人と会っている時を大切にしてる感がありますよね。
今って、人と一緒にいてもこう(片手でスマホをいじるゼスチャー)やってるじゃないですか。
僕も「仕事の連絡入ってるかも」ってチェックしてしまいますし。
スマホに意識が向きがちで、その瞬間一緒にいる人との時間を大切にしていないと反省することがあります。
携帯をまったく出さないで、人と人との繋がりを描いている映画なので、
目に見えないものが伝わると嬉しいなと思います。
’80年代の古き良き雰囲気が、今の人にも伝わってほしいなと思います。
多くの人にこの作品を知ってもらいたいです。

『イタズラなKiss THE MOVIE 2〜キャンパス編〜』
公式HPはコチラ!http://itakiss-movie.com/

 

pagetop