Fukuokaナビ

シネマ

『ハルチカ』先行上映会・佐藤勝利さん&橋本環奈さん舞台挨拶レポ!

3月4日(土)公開の映画『ハルチカ』の舞台挨拶付き先行上映会に、主演の佐藤勝利さん(Sexy Zone)と、橋本環奈さんの、大人気のおふたりが登場。舞台挨拶の模様をレポートしちゃいます!

橋本環奈さんは福岡出身ということで「おかえり~」の声も。

佐藤:こんにちは!今回、映画『ハルチカ』の主演を務めさせて頂いた上条春太(ハルタ)役の佐藤勝利です。
橋本:穗村千夏(チカ)役をを務めさせて頂きました橋本環奈です。
今日は先行上映会ということで、鑑賞して頂くみなさんには、鑑賞後にSNSなどで是非『ハルチカ』を拡散して欲しいなと思います(笑)。宜しくお願いします!

―おふたりは今回初共演ですが、第一印象は?
佐藤:最初は少しおとなしいかなってイメージだったんですけど、実際はよく笑う子でしたね。
橋本:勝利くんのマネージャーさんが面白いんですよ〜!
私も初めてお会いした時は、寡黙な方かなーと思ってたんですが、撮影現場で同世代の共演者が20人ぐらいいて、その中でも年上的な立ち位置で、みんなの言葉をどんどん拾ってツッコんでいくので、楽しい方だな~と思いました(笑)。
佐藤:俺、芸人さんじゃないんだから(笑)!まあ、でも僕の所属するグループ(Sexy Zone)のメンバーはツッコミどころも多いので(笑)そういうノリは現場でもやってましたね。でも誰が引っ張るという訳ではなくて、ホントに同じ高校の友達という感覚で、みんなで撮影中もずっと盛り上がってました。
橋本:カメラ回ってない時でも、みんなでしゃべって和気あいあいとしてました。

―実際の学生生活のような感じ?
佐藤:僕は実際の高校生活が仕事との両立だったので、映画の方がもっと華やかでした。青春を感じましたね。
橋本:私は、ちょうど高校3年生になった春に撮影に入ったんですけど、実際通ってるのが女子高なので、雰囲気も違うし別の楽しみがありました。部活を経験したこともなかったので吹奏楽という同じ目標を持って、一つの曲をやることで団結力が生まれて、キラキラした時間でした!

―勝利くんは、この作品きっかけで、吹奏楽という音楽が好きになったと聞きましたが。
佐藤:はい、とても好きになりました!最初は役作りの一環で、吹奏楽やクラシックの勉強をしていたんですけど、音数(おとかず)が多いし、吹奏楽にしか出せない重厚な音もあって、実際に生でコンサートを見に行ったときに、奥深い音楽なんだなーと。

―なるほど。ちなみに会場内で吹奏楽経験者はいますか?(かなりの数の経験者が挙手)
佐藤:え、すごいいる(笑)!ホルン吹いてた人は?(挙手したお客さんに向かって)大変だよねー!今回、映画の中でも金管と木管のバトルがあるんですけど、そういう対立を体験してる方もいるんじゃないですかね?
橋本:私の担当はフルートなんですけど、他の管楽器とは吹き方が違うんです。でも“マッピ”(マウスピースの略)は覚えました!金管楽器の子たちはマッピを使って練習するんですが、練習だけ見てても、実際に音がでるかわかんないんですよね~。
佐藤:の鳴き声みたいだもんね(笑)。
橋本:そうそう!でも、全部の音が合わさった時はやっぱり感動しました。コンクールの撮影の時は、フルートが一番前列だったんですが、みんなの音が背後から聞こえてきて、本当に感動でした。一人で練習してる時とは全然違いましたね。

―おふたりとも楽器はサラッと出来たんですか?
佐藤:東京では割と「サラッと出来ましたよ」ってかっこつけてるんですけど、実は結構、頑張ったんですよね~(笑)。ちょっと触らない日があるとすぐ吹けなくなっちゃうので、撮影期間中を含めると半年くらいは練習をやめる日がほとんどなかったくらい。ジャニーズ初のホルンを吹けるアイドルになりました!
橋本:
私も、やっぱり大変でした。撮影に入ってからの練習の方が長かったように思います。

―では、ネタばれにならない程度で見どころを!
佐藤:予告でも流れてますが、ハルタがチカちゃんを港でハグするシーンがあるんですけど、ヘタレの設定だったので、すっごい(ハグが)下手なんですよ~。「そんなぎこちないの?」って、自分でも思うくらいに(笑)。なので、それを是非見て欲しいです(笑)。そのヘタレな部分がハルタの可愛いところでもあるんですけどね!
橋本:私のおススメは、さっき勝利くんが言った木管と金管のバトルのシーン。私(チカ)は、そのシーンから先に出て行っちゃうんですけど、残った吹奏楽部のメンバーが思い思いの意見を言い合って、ぶつかり合うシーンで、セットを離れてそのままモニターで見ていたら、全然台本に書かれていないアドリブで演じているみんなを見て感動しちゃって。青春のキラキラした部分だけじゃなくて、高校生に実際ありそうなぶつかりあいも描かれてるので注目して頂けたらと思います。

―最後に公開を待ちわびているファンの皆様にメッセージをお願いします。
橋本:
私が演じているチカは、中学生の時に怪我でバレーボールを挫折して、高校入学と同時に吹奏楽という別の道を歩き始め、多くの人に出会います。夢への道を阻もうとする人や温かく見守って応援してくれる大人、個性的で素敵な仲間や、何より昔は弱くて頼りなかったのに、どんどん頼もしくなっていく幼馴染のハルタ。そんな人間模様の狭間で、多くの矛盾に満ちた社会に初めて直面した時に、悩んだり苦しんだりしながらも、吹奏楽を通して成長していく私たちの姿が『ハルチカ』の中では描かれています。同世代の方はもちろん、違う年代の方も、私たちと同じ年代になった気持ちで鑑賞して欲しいです。鑑賞後は是非SNSで拡散お願いしますっ(笑)!

 

佐藤:環奈ちゃん、もう言いたいこと全部言っちゃうし、すぐ拡散したがるし〜(笑)!
橋本:大事でしょ?あれ付けなきゃでしょ?ハッシュタグ!
佐藤:そうそう、ハッシュタグは“吹キュン”ですよ!『ハルチカ』は“吹キュンラブストーリー”という“吹奏楽”と“胸キュン”が合わさった作品になっていて、ぎこちないハグも含めて(笑)そういう胸キュンシーンが自然にでてくるので、みなさんもそのキュンキュンを楽しんで頂けたらと!もちろん、青春ならではの高校生同士のぶつかり合いや、痛み、弱さも丁寧に描いていて、僕らキャストも妥協せず、お互い悩みがら、ものすごく丁寧に演じましたので、そういった部分も感じ取ってもらえたらと思います!博多弁で「見てねー!」なんて言うのかな。見とーよ?
(客席より「見らんといかんよ!」とのアドバイスが!)
橋本:確かに!それですね!
佐藤:
じゃあ一緒に言いましょう!

佐藤橋本映画『ハルチカ』見らんといかんよ!

ハッシュタグは「#ハルチカ」で!

舞台挨拶中、橋本環奈さんは地元が福岡ということもあり、佐藤勝利さんに福岡のお土産セットをプレゼントして大喜びする場面も。
「福岡好きなんですよ~!なかなかお土産買う時間なかったので嬉しいです!メンバーにもおすそわけします!」と笑顔で応え、会場が沸きました。

そんな初々しくて可愛い佐藤勝利さんと橋本環奈さん主演の映画『ハルチカ』は、3月4日(土)公開です!
公式HP http://haruchika-movie.jp

 

(C)2017「ハルチカ」製作委員会

pagetop