Fuku Spo – 福岡ソフトバンクホークス/内川 聖

内川 聖一(Uchikawa Seiichi)外野手・背番号1

念願だったホームでの胴上げ!
大敗を喫した昨年の悔しさをバネに チーム一丸となって勝ち取った日本一

みなさん、今年もたくさんの声援をありがとうございました! レギュラーシーズンの前半戦は楽天と競り合って首位が入れ替わることもありましたけど、夏場以降、ホークスが見せた強さというのは、やっぱり「歴史的大敗」と言われた昨シーズンの悔しさから、全員が「もう一度日本一になるんだ!」という強い思いを持っていたからだと思います。キャンプでは練習量も非常に多かったんですけど、そこで培った体力面の強さも後半戦の勢いにつながったのではないでしょうか。

日本シリーズでは福岡で2つ勝ち、横浜で1つ勝ち、僕らも早く決めたいという思いはありましたが、みなさんが待つホーム・福岡で一緒に胴上げができて、本当に良かったと思います。

 

ケガに泣かされたレギュラーシーズン。
だからこそ満身創痍で臨んだ クライマックス&日本シリーズ

レギュラーシーズンの後半はケガで戦線を離れたので、優勝に貢献できたかっていうと完全には貢献しきれなかったと思います。しかしその分、クライマックスシーズンでは自分で自分にプレッシャーをかけ、「やるしかない」という思いで臨みましたし、日本シリーズでは相手が以前お世話になっていたチームだからこそ、絶対に負けられないという思いがありました。しかも相手は3位から勝ち上がってきたチームでしたからね…。結果的には、最後にホームランを打たせてもらい、多くの方に「歴史に残るシリーズだった」、王会長にも「球史に残る試合だった」いう言葉をいただき、野球選手冥利に尽きるシーズンになったと思います。

 

 

精神的に強いと思われているけれど 実のところはマイナス思考(!?)
しかしそれが自分を奮い立たせる鍵に。

「9回裏で同点ホームラン」などの結果を受け、「精神的にタフ」だと思われているかもしれませんが、自分ではそうではないと思っています。どんな試合であれ、始まる前は未だに緊張しますし、大きい舞台になればなおのこと。でも、そうした不安を感じるからこそ毎日しっかり練習して、「ここぞ」という場面で結果を出せるようにしています。

ケガをした時は、キャプテンとして、チームが勝ち続ける状況を嬉しく思う反面、「あ、これで自分の居場所が無くなるな」っていう恐怖心もありました。「チームに戻った時、どういう立ち位置で戻れるだろうか」とか。若い頃だったら、ケガが治ったところで「治りました〜!」って無邪気に戻れていたのかもしれないけどね(笑)。だから復帰した時は、自分が不在にしていた間、優勝を目指して頑張ってくれていた選手がいて、今は彼らに代わって出させてもらっている、ということを常に意識しながら試合に臨みました。

 

シーズンは終わった途端、過去のもの。
来年はまた違ったバージョンの内川聖一、チームを見せたい!

シーズンは終わってしまった途端、過去のものになってしまうので、今この時点(取材は2017年11月25日)ですでに、「あぁ、そんなこともあったな〜」という感覚なんです(笑)。僕自身も2017年は2017年度版の内川聖一、2018年は2018年版…と、気持ちを切り替えていきたいと思っています。まずは怪我をしない体づくりから始めたいですね。 ファンのみなさん、来年も応援よろしくお願いします!

福岡のみなさんは本当に熱く、その熱さがホームで7割という勝率につながっていると思っています。筑後にも新しい施設ができました。ぜひ生で、選手に力を送っていただければと思います!

 

<ふくスポおまけクエスチョン>福岡でよく行くお店はどこですか?

六本松の「您好!朋友(にいはおぽんゆう)」かな。ここは僕が2011年にホークスに来た時、王会長に連れて行っていただいたんです。確か宗さんと本多も一緒だったかな。それ以降、家族でも時々食べに行っています。子どもたちも、すごく喜んでますよ!

※シティ情報Fukuoka 2018年1月号本誌掲載

 

  • 新サービス始めました