ラーメン女子におすすめの絶品ラーメン店 – vol.2 –

ラーメン好きの女子『ラー女子』に贈る、おススメのラーメン店を一挙紹介!


掲載店に行き、指定したハッシュタグでラーメンの写真を投稿していただいた方に、抽選で1万円分の商品券やラーメン店のどんぶりなど、豪華商品をプレゼント!
《キャンペーン指定ハッシュタグ 「#参加店舗の店舗名」と「#福岡ラー女子企画」》

 

ラー女子に捧ぐ、絶品ラーメンのお店

元祖久留米ラーメンさかい

匠の技が詰まった豚骨スープは女性にも優しい甘みのある味わい

匂いが少なく、女性でも食べやすい豚骨ラーメンが評判の『元祖久留米ラーメンさかい』。見た目には濃い味に見えるスープだが、飲んでみると塩分は控えめでまろやかな甘さを感じられる。 2017年7月にオープンした同店だが、実は昭和20年代から続く久留米ラーメンの老舗『とん吉』の3代目と4代目の兄弟がのれんを新調して開いた店。『とん吉』の初代と2代目で築いた伝統を守りつつ、時代に沿って味を進化させ、今回、久留米から福岡市内へ場所を移す際に、客層に合わせて改良を重ねたという。柔軟に進化できるのは、伝統で培ったバランス感覚に基づいているのだろう。 「ラーメンは1杯の物語。スープも麺も具材も、どれも欠けちゃいかんとですよ」という4代目の言葉はラーメンへの愛に溢れている。

元祖久留米ラーメンさかい

福岡市中央区笹丘1-36-25
092-741-7708
11:30~翌2:00(スープがなくなり次第終了)
定休日/不定 P/なし 席数/7席 カード/不可

こじま亭本店

旨みと安さに笑みが溢れる新生豚骨。

清水の裏通りにある穴場的立地。あっさり味の正統派豚骨で長く愛されてきた同店が今年9月、「味をガラリと変える」という大きな挑戦をやってのけた。「時代のニーズに合った旨いラーメンを追求し、ようやく納得のスープが完成しました。言うならば “優しく、丸みのある豚骨”、地元に根付いている店なので味を変えるのは賭けでしたが、常連さんにもご好評いただいています」と店長。以前より豚骨濃度が高く、しっかりと乳化したスープは濃密シルキーで、コラーゲン感もアップ。新しく取り入れた炙りチャーシュー(15時以降のサービス)もいい。スープと調和するよう肉は薄味に仕上げ、豚骨フレーバーと合わせて香ばしさが鼻に抜ける。ちなみに、この新ラーメンになり値段が上がったが、そこは突っ込んではいけない。骨量が増え、より旨く、何より値上がりしても480円なのだから。

こじま亭 本店

福岡市南区清水4-6-33
092-551-7878
11:30〜21:00
定休日/なし   P/96台 席数/11席 カード/不可

ザ・ナガハマラーメン

コクの味噌か風味の魚粉。味変可能な一杯。

今年9月、大橋駅そばにオープンした『ザ・ナガハマラーメン』。その名の通り、長浜ラーメンの王道を行くスタンダードな一杯を提供している。豚の背骨とゲンコツ、頭骨のみを使い丁寧に取ったスープは、臭みを感じることなく、後味スッキリ。さらに、トッピングの「味噌」や「魚粉」をスープに溶かせば、これまでなかった新感覚の味わいへと昇華する。「シティ情報ふくおかを見た! 」で味噌か魚粉のトッピングをサービス。

ザ・ナガハマラーメン

福岡市南区大橋1-16-17
080-3377-5522
11:00~16:00、17:00~22:00(日曜~15:00)
店休火/火曜 P/なし 席数/17席
※喫煙/17時以降可

長浜ラーメン ぶんりゅう

丁寧さが伝わるフレッシュな白濁スープ。

那の津の倉庫街に佇むラーメン店。この地で12年目を迎える『ぶんりゅう』は、古き良き昔ながらの長浜ラーメンを今も変わらず提供し続けている。強い火力で炊き込んだ白濁スープは、油分が劣化しないように毎日使い切るという。豚骨の状態を見極め、炊き時間や火加減を日ごと変えるフレッシュなスープは臭みがない。豚骨ならではのコクや旨味はありながら、飲み干せるほどあっさりしているのが特徴だ。麺もこだわりの自家製麺だ。

長浜ラーメン ぶんりゅう

福岡市中央区那の津4-2-8
092-714-3969
11:00~17:00(日祝日~15:00)
定休日/不定 P/8台 席数/32席   喫煙/不可

 

第一弾の店舗もインスタキャンペーン対象店舗!(下記リンク参照)
ラーメン女子におすすめの絶品ラーメン店 – vol.1 –