ふたつの暖簾を持つお店『ひるとよる』

美味いラーメン屋が充実の大名に、つい先日また期待の新顔が誕生。

店主の松屋綱善氏(通称ツナちゃん)は未だ行列必死のラーメン屋・ShinShin出身。
『ラーメン(600円)』はShinShinのあっさりコク旨系+ツナちゃん独自の味わいも。

「例えばですね、今から商談ごとって時の前にですね、僕が作った一杯で気合を入れて、そしてその商談を勝ち取ってもらう。そんな店になれたら、嬉しいっス。なぜって…ほら、僕そんな喋りも上手じゃないやないすか(笑)」そう言いながら精魂込めて中華鍋を振るツナちゃん。そこから繰り出される一品一品は、どれもバチっと魂が宿ったものばかり。

自家製ラー油使用の『ラーメン屋の麻婆豆腐(800円)』は酒のツマミにも最高!
『博多皿うどん(700円)』

しかも生ビールが1000円で10杯(つまり1杯100円!)というビール党に嬉しいサービスもあり、新しいラーメン酒場としても期待大。「昼も夜も、ウチの飯を腹に溜めて、バチっと日々を送ってほしい。」そんなシンプルで強い想いは、昼用と夜用、ふたつの自慢の暖簾に込められている。その暖簾の作者は見ての通り、この街の誇る筆師・錦山亭金太夫先生。そう、博多ラーメンスピリッツというより、まさに博多スピリッツそのものが店の顔に今、刻まれたのだ。

 

『博多ちゃんぽん(700円)』金太夫氏の書き下ろしの絵は店内にも。

《シティ情報Fukuoka 6月号掲載店舗》

博多らーめんちゃんぽん ひるとよる

住所 福岡市中央区大名2-2-41 サンライフ大名102
TEL 092-713-2008
営業時間 11:00〜15:00/18:00〜翌3:00
定休日/不定休 P/なし 席数/28席
カード/不可 喫煙/可