バーという名の、夜の喫茶店『CITADEL』

大名の老舗バー『コローナ』出身のヨッシーこと小原義満さん『CITADEL(シタデル)』をオープン。「店名のCITADEL(シタデル)は、英語で『砦』または『最後のより所』てところから決めたんです」。と切り出すヨッシー。聞きなれない単語ではあるがこの〝砦〟は貴族というより庶民のより所としての意味合いが強いらしい。

「『コーデュロイカフェ/サンクスギビングデイ』そして『コローナ』と大名を代表する素晴らしい名店に携わらせてもらったのには感謝と同時に自身の誇りにもなってます。だって本当にいろんな方々と知り合えてそれがこの店を出せる僕の基盤になったんですからね」

カウンターの上に並ぶ自家製リキュール(サングリア)

メニューを見るとジンジャーエールも自家製、珈琲のラインナップにもこだわりが伺える。「『珈琲モヒート』はいかがですか?」と促され、頂いたその新鮮な一杯にまた感動。これは初めて味わう、ありそうでなかった衝撃の美味しさ。

そうか、ここは『バー』というより『夜の喫茶店』。

「実を言うと他のエリアも視野に入れて探してたんです。でも巡り巡ってきたこのハコとのご縁。大橋でもない、春吉でもない…小さな頃からの憧れの街・大名で自分の店ができるこのありがたさ、凄ぉ〜く噛み締めてますし、大切にしていきますよ」と店主は語る。

《シティ情報Fukuoka 6月号掲載店舗》

CITADEL(シタデル)

住所 福岡市中央区大名1-8-40 林毛町通りビル2F
電話 092-688-4190
営業時間 17:00〜翌3:00
定休/月曜 P/なし 席/32席
カード/不可 喫煙/可