Fukuokaナビ

コラム

ワインと料理のマリアージュを体験!

2017年02月23日│コラム│writer:Fukuokaナビ編集部

キャナルシティ博多のグランドハイアット地下1階にある『WHOLE SQUARE(ホールスクエア) FUKUOKA』は、食材やワインを販売するマーケットにレストランを併設した、食の魅力満載のホットスポット。
レストランで食べて気に入った食材を購入し、家でも楽しめるし、販売しているワインをレストランで飲めるという、双方向で利用の幅が広がる、いわば“食のコミュニケーション・ストア”です。

熊本の食材が豊富で、フォトジェニックな熟成肉のお料理や、新鮮な魚介類などを、コースやアラカルトで食べられるのですが、リーズナブルな価格が魅力なんですよ。さすが食品商社直営です♪
 
さて、こちらでは、不定期でフーディング・イベントを開催しています。ワインの会や体験イベント、講師を招いたりと、季節や食材など幅広いテーマで行っています(料金、定員は内容によって異なる)。

2月には、山梨のワイナリー『Kisvin Winery メーカーズディナー』を開催しました。グルメでワイン通の素敵なオトナたちで店内は満席です!

“葡萄の神様”と呼ばれるKisvin Winery代表の荻原康広さんが来福し、軽快なトークで各テーブルを沸かせてくれました。
高い評価を得ているキスヴィンワインとともに眞貝シェフ渾身の料理が楽しめるなんて、なんて贅沢!何しろ“世界一のワインを山梨から!”という高い志で生産しているワイナリー。シャルドネは東京のロブションでバイ・ザ・グラスで提供されているのだとか。

そんな稀少なワインが料理ごとに手を変え品を変えで提供されます。ロゼ・カプリス2015での乾杯に始まり、デザートに甲州スパークリング2014を合わせるオシャレなマリアージュに参加者はゴキゲン!
しかも器も素敵で、一皿一皿、会話が弾みます。

料理で増幅される香りと味わいは、実際に味わってみないとどうにも筆舌に尽くしがたいんですよ、コレが!
 
次回は2017年2月27日(月)19:00〜、農産物流通コンサルタントで、ブログ「やまけん出張食い倒れ日記」で知られる山本憲治さんを迎えて『まるごと芦北スペシャルディナー』が開催されます。
海も山も温泉にも恵まれた熊本県芦北町の豊かな食材を味わうこの日限りのスペシャルディナー。
芦北に行って生産者と交流してきた眞貝料理長が、活足赤エビ、太刀魚、あしきた牛、サラたまちゃん(タマネギ)、デコポン、和紅茶など、芦北の食材を華麗にアレンジして皿の上の芸術に仕上げます。
コース料理も飲物も、ほぼ芦北産という、芦北の魅力に触れまくりな一夜です。

やまけんさんのトークも加わり、美味しくて楽しくて勉強にもなるイベントになりそうです!

『まるごと芦北スペシャルディナー』
■日時 2月27日(月)19:00〜21:30終了予定
■会場 ホールスクエア(福岡市博多区住吉1-2-82キャナルシティ博多グランドビル地下1階)
料金 7560円(飲料込)/30名定員
※定員になり次第締切。キャンセルは前日までにお電話ください。
■申込・問合せ 092-982-1008(10:00〜22:00)
 http://www.wholesquare.jp/fukuoka/

 

pagetop